会長挨拶

人々が生まれ、育ち、暮らし、働き、老いる環境が乳幼児期、青壮年期、老年期の健康に深く影響しています。さまざまな生活習慣に年齢が加わり、がんや脳卒中・心筋梗塞などの生活習慣病にかかり、多くの人が命をおとします。世界中の人々の死因の危険因子として1位 高血圧2位 喫煙3位 運動不足が挙げられます。高血圧は症状がなく軽視されがちですが、放置しておくと脳卒中や心筋梗塞・腎不全・認知症などをおこす大変怖い病気です。


高血圧は通院されている方で最も多い病気で、日本では約4300万人います。高血圧は適正に介入すればコントロール可能ですが、コントロールされている人はわずか27%しかいません。高血圧の人はまず、減塩・体重減・運動・節酒・禁煙・野菜、果物の摂取をして血圧が下がらなければ薬を飲みましょう。血圧は測るたびに変化しますので、家庭での血圧測定が重要です。


急激な温度変化によって血圧が急変することをヒートショック現象といいます。血圧の急変は血管に負担がかかり、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす危険が増します。寒さによって血圧が上がりやすい冬場は、特に注意が必要です。できるだけ温度差が出ないように工夫しましょう。きのくに わかやま健康・省エネ住宅推進協議会では、健康長寿の社会づくりを目指して活動しています。今後とも、環境に配慮した健康づくりを目指したいと考えています。